海賊版は永遠に不滅です!? 〜現実の問題〜 (5)

JUGEMテーマ:社会の出来事

 知財権の中でも著作権をめぐる自由を大幅に増やしてしまうと何がおきるのだろうか。今日は現実の可能性をいくつか考えてみたい。

 

 著作権の判断が厳しいため、いまは、例えば会社内で新聞や本の必要な部分をコピーして関係者に配るのも違法ということになっている。コピーした記事が自分の社について書かれたものであっても、それを社内でコピーして配布することすらできない。

 

 また発行部数の少ない学術書・専門書もコピーして流布することは禁止されている。こういう本はすぐ絶版になるし、一度絶版になったら古本屋で探すしかない。そもそも学術書・専門書は発行部数が少ないだけに一冊の値段が2万円も3万円もする本も多く、人目に触れないうちにほとんどが消えてゆく。こういう本は電子図書にもなりにくい。こういう本では著作権法による保護の恩恵を受けるものより、法の制限のために死蔵か絶滅してしまうものの方が遥かに多いだろう。

 

 もし著作権の規制を緩めて、本の全部か一部のコピーを流布してよければ、その本はもっとたくさんの人に読まれるし、著者もそれを希望すると思う。それでは印税が入らないと言うなら、コピー販売を自由化する代わりに、消費税みたいにコピー一部ごとに著作権料部分を上乗せ徴収することだってできる。

 

 一方、著作権の使用をタダで大幅に認めてしまうと、一番困るのは無名のアーティスト、クリエーターたちだろう。彼らはそこからスタートし、著作権で細々と食いつなぎながらステップアップを図っていくからだ。

 

 でも今の著作権法や著作権料の取り方が、無名のアーティストやクリエーターのためになっているかということには大いに疑問がある。

 

 先日、アメリカのマイナーな音楽制作を支援しているアメリカ人の弁護士と話をする機会があった。彼によると、アメリカの大手音楽会社は、世界的に有名で売れるミュージシャンを抱え込んでおくために莫大な契約金を支払い、そのお金が結果としてCDや音楽DVDの値段高騰と会社の利益圧迫の一番の理由になっていると言うことだ。超有名アーティストを何人抱えているかで世界でのシェアが決まる、だから持っているカネのほとんどをそこにつぎ込むのだそうだ。ただ、その競争はもう限界近くにまで来ていて、大手音楽会社は共倒れになりかねない状態まで来ているとその弁護士は言った。

 

 映画でも同様のことが起きているようで、私が「プールつきの大邸宅に住むハリウッドスターたちに献上するため、4万円の月給を必死でやりくりしている者に、さらにお金を払わせるのは正義だろうか」と書いたのは、あながち根拠がないわけではない。

 

 つまりは会社の存在自体を左右するような「大物」は保護されるが、それ以外の「小物」、つまり無名のアーティスト、クリエーターの収入は削れるだけ削られる構造になっているわけだ。これは音楽業界、クリエーター業界、映画業界などの内部構造の問題ではあるが、現在の著作権法による制限は結果として「大物」たちだけを保護し、無名の「小物」たちのためにはなっていないのだ。

 

 フランスのように、無名のアーティスト、クリエーターを国が「フランス文化」として補助するのもひとつの手だろう。でも日本は、事業仕分けでまずアニメ会館が槍玉に上げる国だ。今の政府はアニメとかJポップとか、今の日本を代表するような分野を全く理解してないように見える。

 

(この記事は、海賊版は永遠に不滅という記事を、今はなきオーマイニュースに掲載したときにいただいたコメントに教えられたところが多い。当時のペンネームで「ご隠居さん」「冥王星」さんに感謝したい。)

 

嫌煙家の反応

 

 Janjanに書いた「喫煙者の権利を守れ」という記事に対して、極めて少数ですが予想通り、嫌煙家の方からコメントをいただきました。典型的なものを一つ大意だけご紹介しましょう。

----------

「禁煙は人間としての最低限の資格だ

 どう考えてみても愛煙家の権利を守れという主張は 大麻や覚醒剤を常用している犯罪者の権利を守れ・・というのと全く同じだ。タバコを吸う人の言うことは信憑性に欠ける。人権擁護とか環境問題、貧困問題で意見を述べたところで、タバコすら止められない人間の発言では信を置くに足りない。禁煙と禁酒ぐらいは人間として最低限の資格だ。喫煙や飲酒を続ける人は何も言う資格が無い。」

 

典型的な「ファシスト」の意見です。私のお答えは以下の通り。

 

>どう考えてみても愛煙家の権利を守れという主張は 大麻や覚醒剤を常用している犯罪者の権利を守れ・・というのと全く同じだ。

 

 どうお考えになったところで、日本に三千万人の喫煙者がおり合法的にタバコを吸うことをライフスタイルの一部にしている事実は曲げられません。それを大麻や覚醒剤という日本では非合法なものと同列に置き犯罪者と決めつけるのは、ナチスのユダヤ人狩りと同じ論理の立て方です。

 

>タバコすら止められない人間の発言では信を置くに足りない。

 

このような偏見と圧力に屈せず、自分のライフスタイルを守ってタバコを吸う習慣を止めない人の方が、余程その主張に重みがあり信憑性が高まると私は思います。

 

>禁煙と禁酒ぐらいは人間として最低限の資格だ。喫煙や飲酒を続ける人は何も言う資格が無い。

 

李白曰く、天地既に酒を愛す、酒を愛するは天に愧じず、と。

曹操曰く、酒に対しては当に歌うべし、人生幾許ぞ、と。

孔子曰く、ただ酒は量なし、乱に及ばず、と。

老舎曰く、人間は一生酔い続けることはできない、きっと醒める時がある、と。

 

嫌煙家さん、あなたは、これらの先輩たちに対しても、お前らは何も言う資格がないと言うのでしょうか?(以上)

 

それ以来、この人から何の反応もないのでつまらないのですが、三島由紀夫じゃないけど妙な道徳家ほど不道徳なものはないと思います。


「小姐は現代の慰安婦か」へのご意見と回答

 
オーマイニュースに「小姐は現代の慰安婦か」の記事を書いた時には、いろいろな方からご意見をいただきました。

モータクサンという方から(オーマイニュースの)書き込み欄にご意見があったのでお答えしたものを再録します。

モータクサン氏の意見
------
化けの皮が剥がれてるジャン。中国が今現在行ってる侵略行為と捏造の『南京大虐殺』など比較できませんし、日本は戦後処理を国際的合法的に完了しています

中国人の留学生や中国妻の増加で犯罪や諜報行為も明らかに増加してるのに友好や人権問題をだされると民主国家では批判しづらくなるのねー

しかもだ、そんなことはやってないの根拠は中国政府の発表w で侵略の指摘は内政干渉だとか沖縄北海道を持ち出してくる。まさにテンプレ

もーたく 周辺地域への侵略も少数民族への弾圧も厳然たる事実。しかしそれを突かれるといかなる中国人もこのように憤慨し合理的態度を装ってきたものが破綻します 12/24 17:11

しかも生来の反日でよく洗脳教育されてるから民主主義を盾にこうやって個人で政治活動を行うことも可能。日本に核ミサイル向けて近隣国を侵略してる国民がね

ちょっと人気が出てきてた記者相手にゲストの連中には悪かったがこの問答を見て考えて欲しいな。対話は大事だが簡単に気を許すなよー、特に女性にはねw」

私のお答え
-------

モータクサンさん、あなたは相当に「キャッチフレーズ男」だと思います。「南京大虐殺」と呼べば「捏造」と答え、「中国少数民族」と言えば「弾圧」と答える。「肉まん」と言えば「ダンボール」と答えるんでしょうね。あとは三島由紀夫氏の引用でお答えしましょう。

 

「こんなキャッチフレーズ息子といえども、年がら年じゅうこんなことを言っているわけではありません。公の席へ出たり、なれないラジオだの雑誌の座談会などというものに出席したり、(ネットでコメントを書いたり・・?これは秋瑾の註)、とにかく気取って意見を述べようとすると、悲しいかな、みんなキャッチフレーズになってしまうのです。」(三島由紀夫:不道徳教育講座)

 
不道徳
(愛読書「不道徳教育講座」)

 

続きを読む >>

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
  • 松沢神奈川県知事はいつから「お殿様」になったのか
    禁煙中 (04/12)
  • 海賊版は永遠に不滅です!? 〜現実の問題〜 (5)
    文理両道 (12/16)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM