<< 天皇の譲位に思うこと | main | 私のブラジル日記(2) >>

私のブラジル日記(1)

 

 

五輪公園 

 リオデジャネイロという町はコパカバーナ・イパネマ、デオドロ、セントロ、バハなどという、山に隔てられてそれぞれ孤立した地区からできています。水泳、柔道、フェンシング、バスケット、レスリング、自転車など多くの競技会場が集まっているオリンピック公園は、以前は湿地帯だったバハ(Barra)という地区に新たに建設されました。この地区の開発はまだ進んでおらず空き地だらけなので広い建設用地を確保するのが楽だったのでしょう。またバハはセントロやコパカバーナほどは治安も悪くありません。

 

 

 

キリコ

 

  一方、陸上競技が行われているオリンピック・スタジアムは、バハから山を隔ててかなり離れたところにあります。この辺りの建物はどれも落書きだらけ。見るからに「ヤバい」ところのようです。スタジアムから一歩出ると写真のような風景です。まるでキリコの絵のようです。横道へ絶対入らないようにと言われて付近を歩いてみました。

軍隊

 

 スタジアムの正面には大きな銃を構えた兵士がいます。大会もあと3日しかないせいか、カメラ(スマホですが)を向けてもニコニコしていました。大会前から今までスリ、こそ泥、強盗は相当な数に上り、観光客やメディアが軒並みやられていますが、少なくとも死者は出ていません。(ドイツのカヌーのコーチが乗ったタクシーの衝突事故で亡くなったのは別として)しかし、リオでは今年に入って殺害された警官が既に60人という数字にはビビりました。市内のあちこちにあるファベーラという貧民窟が犯罪の温床のようです。

 

爆弾処理器 五輪会場では「爆弾」騒ぎが相次いでいますが、いずれも開けてみたら中身は衣類だったり電線だったりということで爆薬は全然なかったようです。通りかかったビルの前で軍人さんが遠隔操作の爆弾処理機を持ち出していたのでしばらく見物していましたが、どうやっても動きません。最後にリモコンを確かめてみたら、そちらの電池が切れていたようで、集まったたくさんの人の前でちょっと恥ずかしそうにしていました。

 

 

リオは冬なのに今日も31度。ただ夜になると長袖が必要です。寒暖の差が大きいのですね。


コメント
兎に角、驚きました。

なかなか書き込みがないなぁ、、、と思って。
はたと気づきました。
去年もこの時期に同じ思いをしたな と。
なので、夏休みを取られて、中国旅行に行かれたのなら、中国歴史探訪の日記を期待できるな!と。
ところがですよ。
ブラジルですよ。驚きですよ。気づかなかったぁ。
オリンピックですから、そりゃあすっ飛んでくわなぁ、、、水を得た魚だな、
  • 橘子
  • 2016/08/20 11:23 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
  • 松沢神奈川県知事はいつから「お殿様」になったのか
    禁煙中 (04/12)
  • 海賊版は永遠に不滅です!? 〜現実の問題〜 (5)
    文理両道 (12/16)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM