<< 大根役者二題 | main | 東京五輪の実態(1) 組織委は「群盲」である >>

社長と財務部長がいない会社

森会長は超不機嫌…五輪コスト削減案都知事にクギ

2020年東京五輪・パラリンピックの開催費用などを検証する東京都の調査チームは29日、現在の五輪推進体制について「社長と財務部長がいない会社と同じ」と断じ、組織委が出したツケを都が支払う仕組みを批判した。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長はこれに対して「私たちは都の下部組織ではない。内閣府に認可された団体。都知事の命令で動かせる組織ではない。出資金がもったいないというならお返ししますと知事に申し上げた」と反論した。日刊スポーツ930

 

3年近く無能なデブがトップに座り続け、ラグビー関係の宦官がご機嫌とりしかしなかった事の当然の帰結。

森氏は無責任体制の責任を取れっ!

組織委の全面リセットをせよ!

4年前の今ならまだ間に合う。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
  • 松沢神奈川県知事はいつから「お殿様」になったのか
    禁煙中 (04/12)
  • 海賊版は永遠に不滅です!? 〜現実の問題〜 (5)
    文理両道 (12/16)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM