<< 08月09日のつぶやき | main | 08月25日のつぶやき >>

不潔きわまりない築地市場を誰が擁護するワケ?

築地市場のネズミ、駆除大作戦…市場解体で拡散恐れ

東京・築地市場(中央区)の解体工事が10月から始まるのを前に、東京都は市場を棲家にするネズミの駆除作戦を本格化する。敷地周囲をトタン板で囲うなどして、近隣の銀座や2020年東京五輪・パラリンピックの選手村ができる晴海地区などへの拡散を阻止する計画だ。ただ繁殖力の強いネズミ相手だけに、地元では「本当に封じ込められるのか」と懸念する声も上がっている。 「解体前にネズミを根絶しないと、周りに広がって大変なことになる」。築地市場が10月11日開場の豊洲市場(江東区)に移転することを受け、都が7月に開いた築地市場解体に関する説明会。地元住民や周辺の事業者からは切実な声が相次いだ。ネズミは感染症を媒介し、電線などをかじって停電や火事を引き起こすこともあるためだ。 都によると、築地市場の水産卸・仲卸売場では水を好むドブネズミ、青果卸・仲卸売場では果物や穀物が好物のクマネズミが多く生息。昨年度は約1200匹を駆除したが、繁殖力が強くエサも豊富なため、「まだ多くのネズミが生息しているはず」(都幹部)というのが実情だ。市場解体ですみかを失うネズミが市場北側の銀座地区や隅田川対岸の勝どき、晴海地区に「引っ越す」ことが懸念されるため、都は9月から徹底的な駆除を開始することにした。読売新聞

 

日本人は「清潔好き」と言いながら、こんな不潔な市場を使ってるとは驚き!

(@_@)

 

結局、自分の食べるものがどんな不潔な市場を経由して来ようと、自分の目に見えない部分は一切議論しないのが日本流らしい。つまりは砂山に頭を突っ込んで廻りを見ない「星の王子様」の駝鳥と同じこと。

 

ネズミは、サルモネラ症、腸チフス、E型肝炎などにとどまらず、ワイル病やペストなど致死率の高い多くの病気を媒介する動物だ。

 

市場がこんなに不潔だったことを隠して、なにが伝統ある築地市場よ。おかみさん会とかの厚顔無恥にはあきれるばかり。

 

豊洲の土壌問題は確かに心配ではあるが、それを理由というか口実にして築地市場の既得権益や利権を守ろうとする建築屋とか革新政党なんてペストと同じじゃん!

嘘つき、引っ込め!!


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
  • 松沢神奈川県知事はいつから「お殿様」になったのか
    禁煙中 (04/12)
  • 海賊版は永遠に不滅です!? 〜現実の問題〜 (5)
    文理両道 (12/16)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM