<< 私の「満鉄」旅行記(1)切符を買う | main | 私の「満鉄」旅行記(3)瀋陽という町 >>

私の「満鉄」旅行記(2)瀋陽(旧奉天)まで

JUGEMテーマ:鉄道

 

 

 前回書いたように、北京から瀋陽へはかつての京奉線に乗って行きます。今は在来線に並行して新幹線(高鉄)が通っています。日本と違って在来線も新幹線も軌道の幅は同じ標準軌(4フィート8.5インチ=1435mm)ですから新幹線は在来線の駅も使っています。北京駅では昔ながらの緑色の在来線急行も新幹線とホームを共用していました。

 

 北京から瀋陽までの在来線特急の停車駅と、新幹線の駅を比べてみましょう。午後1時に北京を出る在来線急行の停車駅と到着時刻はこんなふうです。

北京    13:00

黃村    13:30

廊坊北 14:02

楊村    14:34

天津    15:23

唐山    16:53

灤県    17:44

北戴河 18:43

秦皇島 19:04

山海関 19:38

瀋陽    0:53

 

 在来線急行は機関車が客車を引っ張るかたちの昔ながらのもので、北京を出ると天津や唐山へ少し回り道してから北へ向かいます。北京から瀋陽までは11時間53分かかり、これはかつて張作霖が瀋陽駅近くで爆殺された時の列車とスピードは大して変わりません。実はこの列車は瀋陽が終点ではなく、瀋陽からさらに吉林市を通って北朝鮮国境の延辺朝鮮族自治州の図們まで行くのです。図們には翌日の午後3時過ぎの到着ですから、北京から26時間以上かかるわけです。

(PC版は次ページへ)

 一方、図們行きの在来線急行より北京駅を少し後に出る新幹線は、新線を通って真直ぐ北へ向かいます。(天津を経由する新幹線もあります)。北京の次は旧満州との国境であり海水浴場のある秦皇島です。その後の停車駅に綏中北、錦州南、盤錦北と「北」や「南」がついているのは、新線が在来線と少し離れていて、在来線の駅から南北にずれているためです。日本ならさしずめ新綏中とか新錦州と名前を付けることでしょう。上の地図は瀋陽にも近い遼寧省錦州周辺の地図ですが、黒い線で表示してある在来線が北側の錦州の市街の方へ迂回している一方、ピンクの点線で示してある高鉄(新幹線)が錦州市のかなり南を真直ぐに通っているのがわかります。
 

 

北京    13:19

秦皇島 15:36

綏中北 16:16

錦州南 16:52

盤錦北 17:17

瀋陽北 18:16

 

 新幹線は5時間弱で瀋陽へ着きます。北京南駅から発車する新幹線は瀋陽まで4時間余りで着くのですが、北京南駅が不便な場所にあるので、北京市内の交通を考えると結局は全体の所要時間は同じぐらいになってしまいます。

 

 新幹線の料金は北京から瀋陽まで2等車が206元(3300円、1元=16円計算)、1等車が330元(5280円)です。在来線急行の方は2等の座席が101元(1600円)、2等寝台が186元(3000円)です。北京−瀋陽は大体800キロで東京−広島と同じ距離ですから、広島までの新幹線指定席が18880円であることを考えると、やはり中国の列車はまだまだ安いと思います。

 

 瀋陽では新しい瀋陽北駅に到着しました。旧満鉄と旧京奉線の交わる昔からの瀋陽駅に着く列車もありますが、今は次第に北駅のあたりが瀋陽の新都心になりかけていてホテルも多いし、駅前が広くてタクシーやバスにも乗りやすいのです。瀋陽駅は瀋陽北駅から大体5キロほど離れており、バスでも地下鉄でも行くことができます。

 

(3「瀋陽という町」につづく)

 


 


コメント
ご丁寧にありがうございます。
トウモロコシや高梁、おおよその色が分かります。トスカーナ地方のうねった鉄道、なるほどです!
  • 橘子的橘
  • 2018/09/09 4:43 PM
車窓の風景については、最後の長春−大連の「現代のあじあ号」の項で書こうと思っていますが、遼寧省南部ではトウモロコシと米作が半々程度、瀋陽より北ではほとんどがトウモロコシと高粱の畑が続きます。土地はまっ平らではなく、アメリカ南部やイタリアのトスカーナのように少しうねっています。風力発電が相当に大規模に行われているのも印象的でした。
  • 趙秋瑾
  • 2018/09/09 2:31 PM
大陸での「真直ぐ」という感覚は、
私の想像を超えるレベルなんですよねぇ???
高低差は感じられないような平原が続くのでしょうか???
  • 橘子的橘
  • 2018/09/08 2:43 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
  • 松沢神奈川県知事はいつから「お殿様」になったのか
    禁煙中 (04/12)
  • 海賊版は永遠に不滅です!? 〜現実の問題〜 (5)
    文理両道 (12/16)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM