<< 09月16日のつぶやき | main | 09月25日のつぶやき >>

私の「満鉄」旅行記(4) 満洲国皇宮(1)

 

 清朝最後の皇帝である溥儀を1932年に日本が擁立して建国したのが満洲国です。溥儀は当初は執政という肩書で、2年後に皇帝を名乗りました。その年に長春は「新京市」と改名され満洲国の首都という事になりました。

長春市は瀋陽から直線距離で270キロほど、日本で言えば東京から岐阜市までの距離と同じです。満鉄のこの区間を昔のあじあ号だと大体3時間半、急行のひかり号だと4時間半で結んでいました。今は新幹線(高鉄)で1時間20分ほどで長春に到着します。あっという間に着く感じです。

 

 ちなみに満洲国当時の満鉄特急あじあ号は大連とハルビンの間を、急行ひかり号は朝鮮の釜山から京城(ソウル)、平壌、奉天(瀋陽)を経由して新京まで、急行のぞみ号は釜山から京城(ソウル)、平壌を経由して奉天まで運行していました。

 

 「ひかり」や「のぞみ」という満洲・朝鮮の急行の愛称は東海道新幹線の列車名にそのまま転用されています。こんなところも日本人の満洲に対する懐旧趣味から出たものではないかと思ったりします。(写真は急行ひかり号)

 

 

 

 

 

 

 

(長春駅南口)

 

 長春駅はいま南口の大工事を行っており、北口しか使えません。しかし駅が巨大なので、地下鉄1号線では南口に長春駅、北口には一駅先の長春駅北という二つの駅があります。駅の南側が昔も今も町の中心で、南口のすぐ前にかつての大和ホテルがあるのですが、今はこの区域も再開発工事中で近づくことができませんでした。

 

 

  満洲国の皇宮はこの長春駅北から4号線に乗り換えて偽皇宮駅で降りるのが一番便利です。料金は2元(約32円)。4号線は一部が地下を走っていて確かに「地下鉄」なのですが、実質的には路面電車です。都電荒川線が地下を走っているようなものです。中国語でも「地鉄4号線」と「軽軌4号線」の両方の表示があります。(ちなみに「軽軌」はlight Railの直訳です)

 

 

 

 偽皇宮駅で地上に出ると目の前に延々とベンガラ色の塀があり、それに沿って下って歩いて行くと満洲国皇宮の入口が見つかります。 

 

 

 

 

 

 

 

             (緝煕楼)

 

 門を入って最初にあるのが溥儀や皇后の住居だった緝煕楼(しょうきろう)です。皇宮は町の真ん中に建設予定だったのですが建設が間に合わなかったので、ここにあった吉黒榷運局公署の建物をそのまま利用しました。緝煕楼は1911年に作られた榷運局の事務所棟です。(吉黒は吉林省と黒龍江省のこと)

 

 「榷」(かく)というのは専売のことで、榷運局とは塩の専売を中心にした税金を取り扱う税務官庁です。1934年に日満実業協会がまとめた「満州国財政状態ノ概要及内国税徴収事務ノ現況」を見ますと、満洲国の税収全体の約30%が塩の専売からあがっています。それに次ぐのは出産税(生産物を生産者が売り渡す時にかかる税。別に赤ちゃんができたら払う税金ではない!)で17%、田賦(農地・農業税)が10%、銷場税(売り場税ということですから、商業税だと思います)が9%などとなっています。ですから榷運局はたかが塩の専売という事ではなく、最も大きな税収を扱う官庁だったのです。それを転用して溥儀の皇宮にしたのです。敷地の面積は4.3ヘクタールほどだったと言います。

 

(PC版では次ページへ続く)

 とは言っても、緝煕楼は中に入ると階段も廊下も皇宮と言うには余りに狭く、部屋も大変質素です。観光客が多く、廊下ですれ違うのもたいへんなほどで、アメリカ南部の金持ちの屋敷の方が大きいぐらいです。(左は緝煕楼2階の廊下)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 BSでやっていた映画の「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラの屋敷の方がずっと立派だと思いました。皇帝溥儀の書斎もソファが2つあるだけで私の部屋と大差ない大きさです。まあ元は「税務署長」の執務室だったのですから仕方ないのかも知れませんが。

 

 芥川龍之介が「夢魔」と形容したあの巨大な北京の紫禁城からすれば、まるで物置に住んでるみたいに感じられたのではないでしょうか。

 

私の「満鉄」旅行記(5) 満洲国皇宮(2)に続く・・・

 

 

 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
  • 松沢神奈川県知事はいつから「お殿様」になったのか
    禁煙中 (04/12)
  • 海賊版は永遠に不滅です!? 〜現実の問題〜 (5)
    文理両道 (12/16)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM