台風の被害報道をめぐるメディアと老人の「大罪」

  • 2019.09.22 Sunday
  • 21:44

JUGEMテーマ:社会の出来事

 

 台風による被害の報道を見たり聞いたりしていて、私には大きな「?」が心の中に浮かんできた。日本の新聞やテレビは本当に「報道機関」なのだろうか?

 

 段落が切れ切れになっているのは、ツイッターで書いたものをまとめて加筆したためです。

 

 ちょっとした嵐で何万世帯もが何週間も停電するのが「先進国」なんでしょうか⁉️ まず、ツイッターなんかで中国を見下したモノの言い方をする人はこのザマを見て拳拳服膺したらよろし。

 

 「風呂に入れない」ってことばかり報道するメディア。風呂なんか1ヶ月入らなくても死にゃしない。

 

停電「長すぎる」…住民憤り : 読売新聞(9月14日)

台風15号の影響による千葉県の大規模停電で13日、県南部の地域で復旧までさらに最長2週間程度かかるとの見通しが示され、停電と断水などに苦しむ住民からは「もうすぐと期待していたのにがっかり」「早く風呂に入りたい」などと落胆と憤りの声が相次いだ。

停電中の君津市で新たに高齢女性が熱中症の疑いで死亡したことも判明。復旧の遅れによる被害の深刻化が懸念される。「東電も大変かもしれないが、あまりに長い」。電力の復旧まで最も長い2週間程度とされた県南部の鋸南きょなん町。台風で屋根が壊された主婦の磯崎キミ子さん(65)は、連休中に予想される雨に備え、ブルーシートを張る作業をしながら、東電のこれまでの復旧見通しの甘さに怒りをあらわにした。台風が直撃した9日未明に避難所で過ごした後、帰宅すると、屋根の一部が飛ばされ、電気も使えなくなっていた。ボランティアの協力もあってブルーシートを使った応急処置を行うことができたものの、復旧がさらに遅れることを知り、「毎日、きょうか、明日かなと、復旧を期待していたのに。きょうは冷え込んでいるので風呂に入りたい」とうなだれた。

 

 年寄りは戦時中に空襲や灯火管制の経験があるはずだから、いまのヒヨワな記者たちよりサバイバル能力ではるかに勝っているはず。マイクを向けられて「不便だ」とか「風呂に入りたい」などと言う、経験に学べない年寄りは救いようがない。

 

 1945年、焼け野原になった東京では3月と5月の空襲からどのぐらいの期間、焼け出された市民は左のようなバラックでの生活が続いたのだろうか。

 

 また兵隊から復員したけど負傷して働けない若者が、電気なんかない街でどのように生きのびていたのか、年寄りたちはもう忘れてしまったのだろうか。いま80代の老人なら自分の目で見ているはずなのに。それとも千葉の田舎だから空襲も傷痍軍人も関係ない生活を送っていたのだろうか。

 

 自ら体験したことすら生かせないのなら、年寄りなんていらない。姥捨山の伝説は、年寄りが経験と智慧を生かしたから年寄りを捨てる習慣がなくなる話だが、生かせる経験も智慧もないのであれば早く姨捨山の奥に捨てられるか雲仙普賢岳の火口に飛び込んで年間70兆円もの老人福祉費を削減して将来を担う世代の負担軽減を図る方がよい。

 

これが中国だったら復旧にもっと時間がかかるだろうけど、住民は淡々と電気なしで生活する術を実行するだろうし、メディアも「こんなに不便です‼️」なんて煽らないだろう。

針小棒大な国、日本😛

 

停電の影響を大きく受けるのは産業だと思う。ソニーや日産の工場での操業停止を初め、電気に大きく頼る地場産業である畜産業や花卉農場をもっと取り上げて、被害の全容とその補填の可能性や将来の再建についてマトモに報道して対策を提言すべきだ。

風呂に入れない年寄りやケータイの充電🔌にしか目が行かない記者は廃業した方がいい。

 

また「日本の顔」である成田空港に1万人以上が滞留して大混乱になった背景や原因についての報道も薄い。航空、空港、鉄道、高速道路、バス、タクシーなどの会社がそれぞれの論理で行動した挙句があの始末だ。平時にはすぐ行政指導したがる日本の官庁は、非常時には無能を晒すだけで調整役すら果たせない。小役人って救いようがないのはわかってはいるのだが。

 

鉄道や高速道路会社は「安全確認」という免罪符の下に自分たちの不手際や無能を隠していたのではないだろうか。もちろん被害の程度によって復旧にかかる時間が異なるのは当然だが、回復に至る手順や考え方はすべて「ブラックボックス」として会社は公表しない。不手際や無能を隠す余地はふんだんにあると言っていいだろう。事後にもその調査も追及もしない日本のメディアって本当に自分たちの役割を理解してるのだろうか?

 

京成線は夕方までに上野と京成成田駅の間の運行を再開した。それなのになぜ空港から京成成田までの臨時バスが運行できなかったのだろうか。空港から京成成田駅までは約9キロ。混んでいても一般道を走らせることは可能だった。1万人以上が空港の床に寝て一夜を明かすなんてことは防げたはずだ。そういう所を調べて報道せず現代日本の病理を見ようとしないなら、記者なんて要らない。

 

日本の記者は「働き方改革」のせいで楽になった勤務に甘え、給料だけは減らないように組合と仕組んでいるだけではないか。観察力も理解力も洞察力もないのなら、プロの記者としての給与を受け取るのが恥ずかしいと思うべきなのに。厚顔無恥のアホウども。

 

下にあるのは9月の第2週から3週にかけての朝日の台風関連記事。

朝日の記者は「庶民の生活支援と復旧優先」とか言いながらネタを拾っているのだろうが、観察力も理解力も洞察力もないのが明明白白にわかる。その証拠に今に至っても私が上に書いたような経済記事などは一切出てこないじゃない。

アホウっ!!

 

朝日新聞台風被害関係記事

君津市民文化ホール 臨時風呂13〜15日午後9時まで(9/13)

停電の特養入所の82歳死亡 冷房使えず熱中症か 君津(9/13)

南房総市 風呂2カ所を無料開放 携帯電話の充電も(9/13)

中小企業に災害復旧貸し付け 千葉県各地に相談窓口も(9/13)

千葉の大停電、復旧に2週間かかる地域も 東電が見通し(9/13) 

千葉海上保安部 飲料水、シャワー提供 携帯電話充電も(9/14)

台風で停電、千葉の地域は電気の基本料金が免除に(9/14)

停電続き、ポスター掲示板が破損…君津市議選、あす告示(9/14)

南房総市や君津市など7市町で入浴支援 自衛隊(9/14)

千葉5市町でボランティア始動 がれき撤去や屋根修繕(9/14)

「友達と遊びたい」 復旧の子、避難の子…休校いつまで(9/14) 

千葉の各自治体、ボランティア募集始める 台風15号(9/14)

南房総市、災害ごみの受け入れ開始 10月11日まで(9/14)

市原市が飲料水の給水支援 公民館や小中学校で(9/14)

鴨川市、非常食やブルーシートを配布 16日まで(9/14)

横浜も台風被害深刻 産業団地に海水、再開まで数カ月も(9/14)

千葉市、障害者や高齢者向け「福祉避難室」開設(9/14)

千葉の倒木撤去、東電と建設業者の連携強化へ 国交相(9/14)

停電中GS、タンクローリーから直接給油 千葉県芝山町(9/14)

81歳「もう住めない」 伊豆諸島、台風で損壊600軒(9/14)

富津港の海保巡視船でシャワー、飲料水を提供 15日(9/14)

伊勢エビも、アワビもタイも壊滅 南房総、異臭の海辺(9/14)

式根島、被害全容まだわからず 台風15号(9/14)

千葉の家屋被害、少なくとも1千戸超 ボランティア始動(9/14)

台風停電、千葉・国の初動遅れる 「手足もがれた状態」(9/16)

イオンが館山市内で移動販売 17日から(9/16)

千葉を襲った激しい雨 1階の惨状に涙「もうやめます」(9/16)

屋根の補修中、転落事故相次ぐ 台風被害の千葉で死者も(9/16)

停電復旧向け自衛官を大幅増員へ 千葉で最大1万人(9/16)

千葉の家屋被害、2787戸以上 なお続く停電・断水(9/17)

コメント
ようやく、ようやく、( リフレインしたくなる程 ) 記事が掲載されたことに感謝。
Twitter を再開した方が意見が見られて良いかなぁと考えてしまう。
  • 橘子
  • 2019/09/23 4:36 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • 松沢神奈川県知事はいつから「お殿様」になったのか
    禁煙中 (04/12)
  • 海賊版は永遠に不滅です!? 〜現実の問題〜 (5)
    文理両道 (12/16)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM