<< 最近のおバカ発言集 -4- | main | 10月2日のつぶやき >>

恥を知れ、週刊文春

JUGEMテーマ:社会の出来事


<本日の意見> 恥を知れ、週刊文春

週刊文春の今週の特集は以下の記事です。中国や中国人に対する反感を煽り、対立を深め、軍事衝突にまで導きたい…というのですから、驚くばかりです。日露戦争後、小村外相の外交の勝利とも言える講和会議の結果に、賠償金が取れないという下世話な点しかわからない衆愚が暴動を起こし、内務大臣官邸、警察、新聞社、さらに講和会議の仲介をした米国公使館などを攻撃した日比谷焼打ち事件が起きました。今回の週刊文春の記事は、これと同じく、釣魚島の領土問題で徒に衆愚を煽動し排外攘夷を促そうという陰湿姑息な意図をもって編集されています。


---------------

中国をやっつけろ!
橋下、小沢、ユニクロ柳井…中国をつけ上がらせたA級戦犯

 江沢民のペット習近平は中国の石原伸晃だ!

 独占入手尖閣海戦「自衛隊極秘シミュレーション」

 経済制裁やれるもんならやってみろ 潰れるのは中国だ!

 「日本企業は反日デモに損害賠償請求を」中国人弁護士の決断

 「パンダなんかいらない!」ジャニーズ誘致に仙台市民猛抗議

 売春、強盗、産業スパイ… 在日不良中国人を追放せよ!

中西輝政「野田首相よ、田中角栄の轍を踏むな」

----------------

 

週刊文春はいま一般週刊誌の中では一番印刷部数の多い雑誌です。文春、新潮、現代、ポスト…と続き、文春が70万部、新潮と現代が60万部弱、ポストは50万部に満たないというのが今の序列です。しかし文春は2008年ごろに80万部近かったのが漸減して今の部数になっており、またかつては文春が後塵を拝していた現代が部数を伸ばして迫ってきています。

結局、文春社内では部数拡大を至上とする事が決定され、扇情雑誌化していきます。先日のAKBの前田敦子の泥酔写真(私でもあそこまでヒドくない)を掲載したことなどは、今の文藝春秋社と編集長の方針でしょう。

つまりいまの週刊文春は、文藝春秋社の他の部門を支えることを目的に「カネのために倫理も身も売った」雑誌なのです。ですから私は「週刊文春」から「週刊売春」に題名を変えるべきだと言っている訳です。

文藝春秋の創業者、菊池寛先生は「話の屑籠」というコラムを毎月執筆していました。昭和15年の6月号にはこんなことを書いています。

 

僕は上海で、二月頃日本へ来た時、僕が御馳走した支那の映画人や文芸人に招待されて、御馳走になっていた席上、一人の青年作家がいた。その人は英語を喋っていたが、つい先頃、加藤君と豊島君とが上海へ来たことを話して「加藤豊島」と、書いて見せた。僕は、相手が英語を喋っていたし、つい錯覚を起して「君は日本字が書けるのですか」と、いった。すると、その作家は、「いや、これは支那の字です」と、いった。なるほど、そうに違いない。大笑いになったが、これは僕の失言であった。が、われわれ日本人は、支那から受けた文化を、すっかり日本固有のものだと思い込んでいるところに、こんな失言が生ずるのだと思った。支那人が日本を見ている目を通じても、われわれ日本人が反省をして、真に支那人を愛し、支那を尊敬することから、恒久の日支親善が生れるのではないかと思った。

支那人のことを支那人と呼ぶことも、この際改めたらいいのではないかと思った。やはり中国人というべきではないだろうか。僕は、向うの要人と話しているあいだ、支那とか支那人とかいう言葉を出さないよう気をつけたが、なかなか骨が折れた。真の日支親善を計るためには、こんな用語から徐々に改むべきだと思った。

 

29日のツイート

創業者の思いを知らず、売上げのためにはキワモノをも辞さず、愚者に阿り、大衆を煽り、節操を持たないのであれば、誰とでも寝るユルい女と同じ。「週刊文春」なんてやめて、「週刊売春」に名前を変えなさい。
恥を知れ、文藝春秋社社員と下手クソ契約ライターたち!! 
Σ(0´*) 

http://twitter.com/Zhaoqiujin

 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
  • 松沢神奈川県知事はいつから「お殿様」になったのか
    禁煙中 (04/12)
  • 海賊版は永遠に不滅です!? 〜現実の問題〜 (5)
    文理両道 (12/16)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM