<< 民主国家日本での責任の取り方、取らせ方 | main | 07月31日のつぶやき >>

東京五輪ロゴ盗作疑惑めぐるもう一つの重大疑惑…


東京五輪のエンブレムデザインに盗作疑惑 佐野氏「お答えできない」
 24日に発表されたばかりの2020年の東京五輪エンブレムに、早くも“物言い”がついた。
 ベルギー東部リエージュ在住のデザイナー、オリビエ・ドビさん(52)が29日までに、自身がデザインしたリエージュ劇場のロゴと「驚くほど似ている」と交流サイト、フェイスブックに投稿した。ドビさんは同日、共同通信の取材に「盗用されたのか、着想を与えたのかは判断できない」とした。今週になって劇場から「対策を講じるべきだ」と連絡があり、弁護士と協議を始めたという。週内をめどに対応を決めたいとしている。
 東京五輪のエンブレムはアートディレクター・佐野研二郎氏(42)の作品。デザインは「東京」「チーム」「トゥモロー」の頭文字を取った「T」がモチーフ。すべての色を混ぜ合わせるとできる黒で「多様性」を表現し、日の丸の赤を盛り込む和風テイスト。一方、劇場のロゴは、リエージュ・シアターの「T」と「L」が白黒の2色で構成されている。
 佐野氏の事務所はスポニチ本紙の取材に「その件についてお答えすることはできません。」と話した。
 ベルギーのテレビも「盗作か」などと報道。公共放送RTBF(電子版)は「偶然か、用心深いコピーか」と疑問を投げ掛けた。民放RTLはドビさんを取材し「意外にも日本人がとても深刻に捉えている。フェイスブックやツイッターで多くの日本語のメッセージを受け取った」と驚く本人の様子を報じた。スポーツニッポン



 東京ロゴリエージュロゴ

 ロゴを並べてみよう。左が先日発表されたばかりの東京五輪のロゴ、右は2013年から使われているベルギーのリエージュ劇場(Théâtre de Liègeのロゴ。Théâtre de Liègeのロゴは劇場名の頭文字の「T」と「L」をデザインしたもの。東京のは東京の「Tはわかるが、右半分が何を表すのかの説明はない。確かにモチーフは同じで、それに日本を表す日の丸がくっついてるだけ…という批判は当たっているかも知れない。

 

 
 今回の件について、組織委幹部はIOCの法務部門と連携しながら適正な手続きを踏んだと説明し、「権利侵害しているという認識はない。逃げも隠れもしない」と正当性を主張した(共同通信)という。

 組織委によると、このエンブレムの選考は去年10月に、国内外のデザイナーによる104作品の応募があり、8人からなる審査委員会によって厳正な審査が行われた。審査基準は「デザインとしての美しさ、新しさ、強さ、展開力」。今年7月に組織委などの承認を経て選定された、という。

 「審査委員会による厳正な審査」というフレーズはどこかで聞いたような…。
そう、新国立競技場のデザインを決めるにあたって、スポーツ振興センター(JSC)が「国内外のデザイナーによる46作品の応募があり、8人からなる審査委員会(安藤忠雄委員長)によって厳正な審査が行われた」と発表したのだった。その厳正な審査の結果が国民の総スカンを食らって白紙撤回されたのは何週間か前のことだった。

 しかし、東京五輪ロゴのデザイナーをめぐる最大の疑惑は別のところにある。

 デザイナーの佐野研二郎氏は、実は、国立競技場でミソをつけたスポーツ振興センター(JSC)の職員の親戚なのだ。この職員は河野一郎JSC理事長の右手と言われる。そして河野理事長が森喜朗組織委会長にベッタリの子分なのは周知のこと。そのルートを伝って何らかの影響力が行使されたと疑われても仕方のない構造ではないか。

 真実はロゴの盗作疑惑も、デザイナーの親戚疑惑も、いずれも偶然の一致なのかもしれない。しかし、これが胡散臭く見えるのは、新国立競技場建設を初めあらゆるところで「政治力と影響力」を発揮する組織委員会会長の森喜朗氏が
「疑惑のデパート」にしか見えないからだ。


 フェアプレイとか健やかな精神とか、いくらオリンピックの標語を並べてみても、疑惑のデパートが真ん中にいるのでは誰も心からは信じまい。

 今回のロゴ騒動も、組織委が今後直面するトラブルのほんの一部にすぎない。なにしろ疑惑のデパートには高層階まで売り場も特売場もたくさんあり、賞味期限切れの在庫が一杯なのだから。
 

コメント
アメリカのオンラインマガジンですか?
この件は私は寡聞にして全く知りません。
そんなことがあればドビ氏は居丈高な態度を続けられなくなりますね。
なにかわかったらまた教えて下さいね♪
  • 趙秋瑾
  • 2015/09/03 5:52 PM
ベルギーの劇場のロゴがアメリカ?のオンラインマガジンの会社のロゴにそっくりさんだとか、その会社のデザインの方が先だそうなんですけど、ホントですか?
  • チャームド
  • 2015/09/03 2:38 AM
ご返事いただきありがとうございました。

「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」ということで、河野JSC理事長についてさらに 追跡(?)してみました。

8月の頭にマレーシアでIOC総会がありましたが、河野氏は組織委副会長として森氏にくっついてマレーシアに行っていた模様。
ttp://i.ytimg.com/vi/aciV6Ygo8qM/maxresdefault.jpg
自分がトップであるJSCが火ダルマ状態なのにそんなことをやってる場合かと・・・
愛する(嘔吐)森センセイのお供の方が大事なんでしょうね。

また、こちらの記事を信じるならば、今ごろ河野氏の腹は刺し傷と切り傷だらけですね。
ttp://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/new_stadium/list/CK2015080802100004.html

JSCの謎業務・・・
ttp://www.jpnsport.go.jp/corp/gyoumu/tabid/516/Default.aspx
下記を読むと河野体制下で始まった模様ですが、言っていることと新国立競技場問題でやっていることのギャップがヒドすぎです。
「高潔」と「不潔」を間違えているのでは?
ttp://adv.asahi.com/modules/leaders_as_reader/index.php/content0082.html

あと、偶然のタイミングで、書店にて発見して一読したのですが、
ttp://www.zaiten.co.jp/zaiten/new.shtml
上記の雑誌の最新号の東京五輪の利権に関する特集中に「JSC河野理事長狄拘醢氏の茶坊主瓩陵萠髻廚箸いΦ事があり、河野氏の権力掌握過程(?)が先日の日刊ゲンダイの記事よりも詳しく書いてありました。
興味おありでしたら是非ご一読を。(もし既読でしたら申し訳ありません。)

言わずもがなですが、新国立競技場問題の根本的な責任は、JSCという組織にあるというよりも、やはり森氏及びその手足としてJSCに送り込まれ、森氏の意向に沿うために以前からJSCにて進められていた旧国立改修案を握りつぶして新国立建設への暴走を始めた河野氏という二人にあることを確信しました。
(東芝問題のように、トップの言うことには現場は逆らえないでしょうから・・・)

記事中、河野氏については、「茶坊主」「スポーツ界の木下藤吉郎」と散々な言われ様ですが、笑えたのが、
「失敗を成功に変える男」
カッコイイですが、しかしその由来は、関わった事業に失敗するたびになぜか地位を上げているため・・・
実務能力のなさから考えると、「スポーツ界の木下藤吉郎」よりは、「スポーツ界の趙高」とか「スポーツ界の十常侍」の方がピッタリですね。

記事の末尾に、「失敗を成功に変える男」からの流れで、JSC理事長任期満了後にスポーツ庁長官に就任する可能性についても言及がありましたが、日本スポーツ界の未来のためにもそれだけはご勘弁いただきたいものです・・・

度々の長文失礼いたしました。
  • 城島 呉蘭
  • 2015/08/10 9:31 PM
コメント有難うございました。
自民党はJSCの責任追及を、と言っていましたが、これも圧力で理事長の任期切れまでグダグダ引き延ばすのかもしれませんね。

JSC職員のことは実は私はその実名までは知らないのです。ただ内部の人が「困ったもんです」と言いながら教えてくれた範囲で書いたので、そこから先の情報は持っていません。

森さんがコケれば河野理事長も組織委副会長は辞めざるを得ないとは思いますが、粘り腰のお医者さんですからわかりませんね♪
  • 趙秋瑾
  • 2015/08/10 12:12 AM
遅ればせながら、本記事を興味深く拝見させていただきました。

「実は、国立競技場でミソをつけたスポーツ振興センター(JSC)の職員の親戚なのだ。」

検索かけてみたらそれらしき人がヒットしますね。(親戚であることが明示されているわけではないので、もしかしたら赤の他人かもしれませんが。)

あと、デザイナー氏は大学時代ラグビー部とのこと。
ここでもラグビーつながりでウンザリ・・・

関係者や問題点がかぶっている新国立競技場問題も、客観的にみて真っ先に責任を問われるべきなのは事業主体であるJSC理事長の河野氏のはずなのですが、民主党が文科大臣辞任ばかり要求しているのは、河野氏の任命が民主党政権下で行われたせいでしょうか。
政権関係なく日本のスポーツ界に君臨しているのは森元首相なので、国会でのどっちの政権の責任なのかという押し付け合いは不毛ですね。

河野氏は9月末をもってJSC理事長を任期満了してしまうらしいので、責任追及をモタモタしているうちに経歴に傷をつけずに逃げ切り成功、今後は組織委副会長に専念の予感がします・・・
  • 城島 呉蘭
  • 2015/08/09 4:17 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
  • 松沢神奈川県知事はいつから「お殿様」になったのか
    禁煙中 (04/12)
  • 海賊版は永遠に不滅です!? 〜現実の問題〜 (5)
    文理両道 (12/16)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM